カテゴリー
ドラゴン桜2 8話 少年漫画

ドラゴン桜2 第9話 大学入試共通テストの5箇条 あらすじ 最終話のゲストはあの人?!

ドラマ「ドラゴン桜2」9話あらすじ・ネタバレ・最終話のゲストの考察の紹介をさせていただきます!

[あらすじ]

大学入学共通テストまでのカウントダウンが始まった。

今までに招へいした特別講師陣たちと試験に向け追い込みに入っている生徒たちに、桜木(阿部寛)はいよいよ共通テストの出願書を
渡す。

そこで決意の表情を見せる専科メンバーに、桜木は「共通テストの心構え5か条」を授ける。

そして迎える共通テスト本番。

6回の模試を乗り越えてきた瀬戸(髙橋海人)をはじめと
する、東大専科の生徒たちの決戦の時が来た。

しかし、彼らをただならぬ緊張とプレッシャーが襲う。共通テストを終えた瀬戸に襲いかかる試練・・・

藤井(鈴鹿央士)の決断とは!?

一方、
水野(長澤まさみ)は弁護士として、学園の売却を阻止する方法を必死に探っていた。

学園の先代と直接対決を迎える桜木たち。さらに、桜木・水野に襲いかかる驚愕の真実が…。

[ネタバレ]

大学入学共通テスト115日前、国語の太宰府治(安田顕)、数学の柳鉄之助(品川徹)、そして英語の由梨杏奈(ゆりやんレトリィバァ)、これまで招へいした特別講師陣とともに東大専科は
追い込みに入りました。

龍海学園売却阻止に一丸となる弁護士・桜木建二(阿部寛)、弁護士・水野直美(長澤まさみ)、理事長・龍野久美子(江口のりこ)、校長・奥田義明(山崎銀之丞)
そして教頭・高原浩之(及川光博)の5人。

5人が理事長室に集まる中、水野が売却阻止の妙案を思いつきます。

東大専科から東大に5人以上合格し久美子が理事長を辞任した後、奥田か高原が
理事長に立候補、売却に反対するのです。

龍海学園の理事は5人、久美子の父で元理事長・恭二郎(木場勝己)と恭二郎が連れてきた外部理事で文科省出身の教育評論家・日比野晋平の2人は
売却賛成派、久美子と奥田の2人は売却反対派、残る元校長・小松川が反対派に回れば奥田か高原の何れかを理事長にし売却阻止ができるのです。と

ころが、翌日、水野の妙案はあっさりと潰えます。
昨日、奥田が大手を振って小松川の懐柔に出掛けたものの、小松川は既に恭二郎の息が掛かっていたのでした。

水野は他に策がないか検討することにし、職員室に戻ると寄附行為の関係書類を読み漁ります。

大学入学共通テストまで109日、桜木は東大専科の生徒たちに『大学入学共通テスト受験案内(願書)』を渡します。

願書を書き終えた後、記載に間違いがないか3回チェック、そして両親など
第三者に確認してもらい、コピーをとり控えを手元に持って置くよう桜木は生徒たちに指示しました。

そんな中、国際エネルギー研究所と共同研究を行っているハーバード大学の遼の兄・祥と
峡の兄弟が論文で表彰されニュースに、劣等感のある遼は追い詰められるのでした。

共通テストまで46日、本番前、共通テストの最後の模試を2週間後に控え、本番同然に受験しろと指示する桜木は、『大学入学共通テスト心構え5カ条』を東大専科の生徒たち授けます。

大学入学共通テスト心構え5カ条

その1:終わった教科のことは考えるな
その2:難しい問題にとらわれるな
その3:1日目の試験の後は一人で帰れ
その4:答えを問題用紙に書いておけ
その5:自分さえ受かればいいと思って挑め

最後の模試当日、東大専科の生徒たちが受験する中、水野は職員室で売却阻止のため関係資料を調べていました。

休憩中、遼は旧友2人と遭遇、その旧友の遼を小バカにする態度を見て、かつての自分を思い出します。
そして、言い返さずに堪えた遼のことを健太が見ていました。

模試が終わると、みんなで龍海学園の東大専科の教室に戻ることになっていましたが、遼は教室に戻らず屋上で1人、自己採点をします。

すると突然、健太がバナナを持って屋上に現れ、遼を励まします。

遼を気にかける健太は、みんなから外れて行く遼を見てついて来たのでした。

模試の採点が終わり東大専科の教室に集まった生徒たち、模試の
結果が黒板に貼り出されます。

輝:495点
楓:587点
菜緒:568点
晃一郎:634点
麻里:810点
健太:713点
遼:695点
岩井:331点
小橋:343点

受験勉強の結果が出るには時間が掛かるという桜木は、飛躍を信じて頑張れと生徒たちを励ますのでした。

この夜も、職員室で関係資料を読み漁る水野でしたが、売却を阻止できるようなものを見つけられずにいました。
そんな中、水野がキャビネットからファイルを取り出そうとした時、龍海学園が文科省宛てに提出した『寄附行為・追加申請資料』の封筒が落ちてきます。

資料を読んだ水野は、桜木と久美子に奥田、そして高原を
理事長室に集め、追加申請資料を見せました。

喜ぶ高原は、教職員の説得を買って出るのでした。

合格を信じてそれぞれ勉強に励む東大専科の生徒たちは、遂に共通テストの前日を迎えます。

桜木は東大専科の教室に集まった生徒たちに、東大に行って何をしたいか尋ねました。

言葉にすることで目的を明確にし、他人と共有することで自分に良いプレッシャーを与えることができるのです。
輝は金を稼ぐ方法を見つけて姉・玲(大幡しえり)を楽にさせるのが、菜緒はいろんな人に会って自分のしたいことを見つけるのが、そして楓は東大と五輪の夢を両方叶えるのが目的でした。

晃一郎は自信を持てるように、健太は虫と人間が共生する社会を作るために研究者、そして読書好きの麻里は、東大にある貴重な文献を読み漁り、それが生かせる職業に就くのが目的でした。

小橋は人の役に立つため、岩井は楽しくなった勉強を続けるため、そして遼は親や兄たちを見返し、東大専科のみんなが口も聞けなくなるほど偉くなるためでした。

「勝利を掴んで来い」人生はどうなるかではなくどうするかという桜木は、生徒たちに檄を飛ばすのでした。

共通テスト1日目、東大専科の生徒たちは試験会場で円陣を組み、士気を高めます。

桜木の教えを守り共通テストに挑む生徒たちは、1日目を終え、それぞれ1人で家路につきます。

途中、輝がバスケットゴールのある公園を通り掛かると、龍海学園の体育館で東大専科の生徒たちの前で桜木とフリースロー
10本勝負をした日のことを思い出しました。

結果は桜木が6ポイント、輝が5ポイントで桜木の勝利。

当初、桜木をリードしていた輝でしたが、追いつかれた輝はシュートを外し続けました。

輝の敗因は運だけではなく、全て決めようとしたこと、逆に桜木は6割入れば良いという心づもりでいたのが勝因でした。

追いすがる桜木に、輝は5本目を外すと、もう外せないと焦りが生まれました。
不安で失敗した輝、桜木は不安をコントロールしろと言います。

不安を抱いていることを自覚し、あらかじめミスを想定して準備をしておく者が本番に強く、桜木は完璧を求めず試験中は冷静でいるようアドバイスを贈りました。

共通テストのミスを悔いていた輝は、落ちていたバスケットボールを拾い、フリースローを決めると気持ちを切り替えるのでした。共通テスト2日目を終えた翌日、生徒たちは東大専科の教室に集まっていました。

桜木は共通テストの問題用紙を回収し龍海学園の教師たちが共通テストを採点、採点が終わると桜木が教室に戻り結果を発表します。

菜緒:738点
楓:752点
麻里:810点
健太:803点
晃一郎:801点
岩井:484点
小橋:492点
遼:719点
輝:620点

岩井と小橋は合格点に到達せず、来年、再び東大を目指します。

620点の輝は奇跡でも起きない限り厳しく、桜木の言葉に落ち込む瀬戸は教室から出て行きました。思ったほど点が伸びず屋上に1人佇む遼、周りを
気にして生きるのを辞めろという桜木は遼に文転、文科Ⅲ類への出願を勧めます。

3年間理系を目指してきた遼は納得できませんでしたが、文系でも理系でも東大は東大、恥も外聞も捨てろと桜木は遼に檄を飛ばしました。

教室に戻った遼は文転を生徒たちの前で宣言し、頭を下げると生徒たちに国語と日本史の教えを乞うのでした。その夜、『らーめん瀬戸屋』に帰宅した輝は、テーブル席に座り涙を流し、東大専科の教壇に立つ桜木は
輝の席を見つめるのでした。

東大専科の教室で2次試験に向け、自習する生徒たちでしたが、輝の席は空いていました。

そんな中、臨時理事会に向かう水野と桜木は、学園の顧問弁護士として理事会に出席。

会議室で待つ久美子、奥田、高原、水野、そして桜木、そこへ恭二郎がリゾート計画を進める『イエーガーコーポレーション』のプロジェクトリーダー・松原(市川右團次)と梶谷を連れて現れました。
恭二郎は顧問弁護士の同席を要求、現れたのは『岸本香法律事務所』の代表弁護士・岸本香(早霧せいな)。

驚く水野を更に驚かせたのは、岸本をサポートしているというITベンチャー『ファルコン・ゲート(FALCON GATE)』
の創業者・坂本智之(林遣都)と米山圭太(佐野勇斗)でした。

入室してきた坂本と米山は、桜木と水野が学園に来る前から岸本と組みリゾート計画に携わっていたのです。2019年6月3日に追加された寄附行為
追加規定6条9項「理事長が理事会の過半数で選任された場合でも学園に属する全教員の4分の3が異議を申し立てた場合には否決される」この条項を盾に、水野は売却に反対します。

久美子が理事長を辞任したとしても
学園の全教員が売却に反対している以上、売却推進派の理事が理事長になることはなく、学園が岸本たちの手に渡ることはないのです。

この条項は、久美子が海外出張中に恭二郎が追加したものでした。
高原は全教員を会議室に招くと、売却に賛成する者を恭二郎側に、反対する者を久美子側に並ばせ、恭二郎側には高原を含む12人が、久美子側には5人が並びました。

高原は教員の説得に失敗したのではなく、最初から
リゾート計画に関与していたのです。

「ちゃんと仕事してくださいね」7人を合格させると宣言した桜木に、不敵な笑みを浮かべる岸本はそう言うのでした。

 

[最終話ゲストの予想]

最終回前のラストの予告で桜木先生が「最強の助っ人を呼んである」といって、水野が驚くシーンで終わりましたが、ネットでは最強助っ人は誰なのか、話題になってるようです。

いったい誰が最強助っ人で登場するのか予想してみました!

・矢島勇輔(山下智久)説

9話の中で、生徒たちが共通試験に行ってる時に水野が桜木先生が教室で待っている時にしていた会話で「私の時はお母さんが倒れちゃって何度も諦めそうになったけど、矢島や仲間が助けてくれた。」
と言っています。

今まで誰も過去のメンバーの名前は出てこなかったのに、突然最終話目前にきて「矢島」というのは怪しいように思えます。

もちろん生徒たちは「えっ?誰」となったのはいうまでもありません。

つまりこれが最終話の伏線のように思えます。

また、原作(漫画)の最新14巻では矢島が登場しており、東大にいかず独学で勉強し弁護士を目指しているという設定になっているようです。

このことからも
「矢島(山P)」が登場する可能性は十二分にあると思えます。

・香坂よしの(新垣結衣)説

最近結婚したことで話題の新垣結衣さん。

作中では矢島の彼女役として登場していました。

最強助っ人として出演するなら何の職業かはちょっとわかりませんが、山Pが無理ならその彼女が…という選はあるかもしれません。

・緒方英喜(小池徹平)説

父親が経営者であった緒方はその反発精神から一浪はしたものの、東大へ合格しています。

父親譲りの経営手腕でその後成長しているなら、強力な助っ人としては十分に考えられるかもしれませんね。

以上、ドラマ「ドラゴン桜2」9話あらすじ・ネタバレ・10話ゲストの考察の紹介でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。