カテゴリー
少年漫画

ドラゴン桜2 第8話 受験生 夏休みの勉強の仕方5箇条 あらすじ・ネタバレ

ドラマ「ドラゴン桜2」8話あらすじ・ネタバレの紹介をさせていただきます!

[あらすじ]

東大合格者が5人出たら学園は売却される…。

桜木(阿部寛)宛に送られてきたファイルから、先代理事長・恭二郎(木場勝己)による久美子(江口のりこ)の理事長退任と学園売却計画
が発覚。その背後に不穏な動きもあり…。

最大の危機に見舞われる一方で、桜木は生徒7人にオーダーメイドの勉強法を伝授する。

それぞれの学力を考慮した受験科類と選択科目の提案、
それに合わせた攻略法だ。

また、水野(長澤まさみ)からは夏休みを前に変わった対策法が伝授される。そんな中、楓(平手友梨奈)は一人悩んでいた。桜木はその様子に気づくが…
そして、アクシデントが楓を襲う。

さらに、桜木の前に意外な人物が現れる…

[ネタバレ]

インターハイ目前、岩崎楓(平手友梨奈)の膝の故障が発覚後、ダブルスのパートナーだった清野利恵(吉田美月喜)に否が応でも注目が集まりました。

バドミントン大学トップの『青南大』
の推薦は利恵に決まり、楓にはろくな大学から誘いが来ず、そのことが気に入らない楓の母・裕子(馬渕英里何)は故障した楓を責めるのでした。

龍海学園売却計画の匿名メールを受け取った
弁護士・桜木建二(阿部寛)は、理事長・龍野久美子(江口のりこ)にメールに添付されていた資料を提供、桜木に弁護士・水野直美(長澤まさみ)、久美子と校長・奥田義明(山崎銀之丞)
そして教頭・高原浩之(及川光博)が理事長室に集まりました。

提供された資料では、龍海学園を除き、周辺の土地は全て買収が完了、久美子は父で元理事長・恭二郎(木場勝己)が龍海学園の
売却を企てていることを明かします。

龍海学園周辺で統合型リゾート計画が立ち上がり、地域住民は大反対し久美子も反対してきました。しかし、今売れば通常の3倍の値で売れ、恭二郎は学園や
生徒よりも金が大事だったのです。

理事長である久美子の賛同がなければ、龍海学園の売却はできず、恭二郎が龍海学園の進学校化に賛成したのは久美子を追い出すためでした。

今年度、東大
合格者が5人排出されれば、理事長から退任することを恭二郎と約束していた久美子、恭二郎は契約書まで作り久美子に署名させていたのです。

東大に5人合格させれば、『水野法律事務所』は
この先5年間、龍海学園と契約することになっていましたが、5人合格してもしなくても契約が消滅することに水野は気づいたのでした。

理事長室を後にした桜木と水野は、東大専科の教室へ行き
ホームルームを始めます。

この日のテーマは『東大との距離』、東大との距離とは目標点数から現在の自分の点数との差、この距離を縮める行為が受験勉強、そして距離縮めるには最速かつ確実な
戦略が要求されるのです。

そこで桜木は東大専科7人の生徒個別のオーダーメード戦略を作成しました。桜木は、理系の天野晃一郎(加藤清史郎)、楓、原健太(細田佳央太)、そして藤井遼
(鈴鹿央士)は理科Ⅱ類の受験を指示。

2021年合格最低点(共通テスト+二次試験550点満点)
理科Ⅰ類:333点
理科Ⅱ類:314点
理科Ⅲ類:376点

難易度が低いといわれる理科Ⅰ類は志望者も多く、合格最低点が異様に高くなり合格が難しく、理科Ⅲ類に合格できるのは宇宙人、それらに比べ、理科Ⅱ類はここ数年合格点が低く、年によっては
5割以下でも合格でき東大への近道でした。

理科Ⅰ類を志望する遼はこの桜木の戦略に反発しましたが、東大に合格させるだけで感情までは知らないと桜木は意に介しません。

文系の小杉麻里
(志田彩良)、早瀬菜緒(南沙良)、そして瀬戸輝(King & Prince:髙橋海人)には、桜木は文科Ⅲ類の受験を指示しました。

文科Ⅰ類は天才ばかり集まる最高難易度、文科Ⅱ類は論理的思考を
必要としており、たった1年勉強した程度では合格不可能、それらと比べ募集枠最大の文科Ⅲ類は、共通テスト8割、二次試験6割取れれば合格可能、麻里は文科Ⅱ類でも問題ありませんでしたが
菜緒と輝が合格するには文科Ⅲ類しかありませんでした。

麻里は文学を希望していて文科Ⅲ類に不満はなく、同じ文科Ⅲ類を受験することになり菜緒は喜びました。

授業を始めるという桜木が
特別講師を呼んでいると7人に告げると、その講師は「お前ら」と言い、授業の録画の準備を始めました。

これまで基礎知識を徹底的に詰め込んできた東大専科、しかし知識を使えるようにするには
実際に使う必要があるのです。

人に教えるには、その知識を理解しそしゃくし整理し使いこなせる必要があり、そこまでできて初めて真の理解といえました。授業を録画するのは、自分の思考を
客観的に見ることができるからでした。

この日、生徒たちが教えるのは「mustの使い方」、脱E判定を目指す輝が先陣を切ります。

しかし、輝の授業は所々間違えており、桜木はミスした理由を追及
言い訳に意味がないという輝に、桜木は「言い訳しない受験生は伸びない」と言います。

言い訳は2種類、勝者の言い訳と敗者の言い訳があり、たまたまと片づけたり人の所為にして自分は悪く
なかったと思おうとするのが敗者。

対して勝者はミスした状況を分析、改善できる方法を模索し次に生かすのでした。1学期最終日、夏休みの特訓を期待していた東大専科の生徒たちでしたが、桜木は
自立を促します。

自分で乗り切った経験は自信となり、苦しい時を乗り切る力になります。桜木は、夏休みに本当の強さを身につけろと指示し夏休みの攻略法を伝授します。

水野は生徒たちの性格を
診断するため、本の読み方を尋ねました。

気になる本が何冊かある時、同時並行でいろいろ読むのか、それとも読み終わってから次の本を読むのか、水野は2択の質問をします。

菜緒、輝、楓、そして
健太の4人はいろいろを選択、晃一郎、麻里、そして遼の3人は読み終わるまでを選択しました。

いろいろを選択した4人は『拡散型』、読み終わるまでを選択した3人は『保全型』と水野は診断します。
拡散型は興味を持ったら即行動に移すタイプ、保全型はちゃんとやりたい失敗したくないというタイプでした。

拡散型の夏休み5カ条

キーワード:ワクワクすること
1.勉強する場所は気分で決めろ!
2.ノルマは5日間の中で自由に調整しろ!
3.憧れの人をロールモデルにしろ!
4.テンションが上がる問題集を1冊見つけろ!
5.ゲーム感覚で、ハイレベルな問題に挑戦しろ!

保全型の夏休み5カ条

キーワード:自信と安心の積み重ね
1.勉強する場所は固定しろ!
2.1日ごとのノルマを決めろ!
3.仲間と進捗状況を報告しろ!
4.今持っている問題集を徹底的にやれ!
5.最初からハイレベルな問題には手を出すな!

夏の間に徹底的に基礎を固めると秋以降に飛躍的に伸びると水野は断言、ここからは家族の協力が必須となり『家庭の10カ条』に協力してもらえるよう念を押します。

水野の話を聞いた楓の顔が曇るのを
桜木は見逃しませんでした。

夏休みになり、東大専科の7人に小橋(西山潤)と岩井(西垣匠)の2人が加わり、9人で浜辺近くの飲食店『オーシャンキッチン・ブラックパール(Ocean Kitchen Black Pearl)』で勉強していました。

7日目、楓に父・明人(駿河太郎)からスマホに電話があり、楓はとあるホテルへ行き、カフェで『日本ユニシス実業団』の菅井コーチを紹介されます。

楓は夏の間、日本ユニシスの特別練習に参加することになり
断ることができませんでした。

登校日の前日、ブラックパールの前を桜木が自転車で通り掛かると、小橋と岩井がテラス席で勉強していました。

小橋と岩井は早慶を狙っていましたが、受験科目が少なくても大変だと桜木に忠告されます。

小橋と岩井は東大専科の生徒たちと毎日ブラックパールで勉強していましたが、最近、楓の姿は見かけていませんでした。

桜木は「明日の登校日を忘れるな」と小橋と岩井に東大専科の生徒たちへの伝言を頼むと、自転車で走り去りました。

1台の車が桜木を追い越して停車、ITベンチャー『ファルコン・ゲート(FALCON GATE)』の創業者・坂本智之(林遣都)が降りてきました。坂本は水野から匿名メールの送り主の特定を頼まれていましたが、まだ分かっていませんでした。

登校日、東大専科の教室に集まった生徒たち、次の模試の時、答案用紙に書いた答案を全て書いて教室に集合するよう水野は指示します。答案用紙に清書する前に問題用紙に書いた下書きから自分の答案を再現し、自己採点するのです。

自己採点には2つのメリットがありました。1つは早くできないを潰せること、模試の結果が出るまでには数週間掛かり、自己採点することで、早く結果が分かり、何を間違え何処を改善すべきか直ぐに戦略を立てます。

もう1つは、自分で採点することで何処で加点され減点されるかが分かり、繰り返していくことで出題側・採点側の意図が分かるようになるのです。

次の模試で合否判定が上がることを期待する輝たちでしたが、桜木は期待しないよう
釘を刺します。

夏はインターハイを終えたスポーツ組が受験に参戦、気力・体力・根性・集中力全てを兼ね備えた強敵で、受験人口も増え平均点も上がり、前回より点数が上がっても判定が良くなるとは限らないのでした。

模試が終わり、東大専科の教室に集合した生徒たちの書いてきた答案を水野が集めると、シャッフルして互いに他人の答案を採点させます。

他人の答案を採点することには大きなメリットがありました。
自分のものだとミスに気づき難く、他人のものだとミスに気づき易い、他人の採点をすることによりミスし易いポイントを見つけたり、新たな発見をしてレベルアップする可能性があるのです。
採点が終わり、水野が模試の結果を発表します。

二次試験440点満点
健太 :156点→201点(45点UP)
麻里 :203点→225点(22点UP)
遼 :147点→171点(24点UP)
晃一郎:104点→129点(25点UP)
菜緒 :106点→138点(32点UP)
輝 :89点→111点(22点UP)
楓 :118点→122点(4点UP)

模試の結果が横這いで、楓を心配する輝と菜緒でしたが、「大丈夫」と楓は声を荒げます。桜木は楓を廊下に呼び出し、「責任の取れる選択をしろ」と言うのでした。

楓が体育館に顔を出すと、インターハイに向けバドミントン部が
練習をしていました。

練習を切り上げた利恵は、日本ユニシスの練習に参加する楓を「中途半端」と批判します。楓は故障して両親を失望させ、東大を受験すると言って再び失望させたくないと思い東大専科のことを隠していたのでした。

そんな2人の様子を、キャットウォークから菜緒が見ていました。

菜緒は楓を尾行し、日本ユニシスの体育館までついて行きます。

そして、その帰り『らーめん瀬戸屋』に寄った菜緒は、桜木に楓の両親を説得するよう懇願、しかし桜木は
「楓の問題」と突き放すのでした。

久しぶりにブラックパールに来た楓に、東大専科の生徒たちが手を差し伸べたものの、受験勉強も練習も両方できると楓は拒否、しかし店を出ようと立ち上がった楓は意識を失い倒れてしまいました。

千葉大学病院に搬送された楓がベッドで目覚めると、水野、菜緒、輝、そして桜木が居ました。楓が倒れた原因は過労と寝不足、水野から両親が来ると聞くと楓は逃げ出します。

待合席で輝が追いつくと、桜木は楓に東大専科のクビを宣告しました。

立ち去る桜木に楓は「東大に行きたい」と懇願、桜木は東大に行きたいことを親に言えない理由を問い質します。両親を失望させられず恐れる楓に、親の期待を一身に背負う必要がないという桜木は、縁を切る覚悟で両親を理解させろと言うのでした。

駆けつけた両親に楓は日本ユニシスの練習に参加せず、東大受験をすることを告げます。激怒する明人は楓に手を出してしまい、それでも楓は東大と五輪、両方の夢を叶えたいと両親を必至に説得しました。明人と裕子は何も言わず、楓を
残して病院を後にします。

2学期が始まり、インターハイで女子ダブルス・ベスト4の利恵・清野ペアを記念して、リフレッシュスペースでバドミントン部が集合写真を撮っていました。

楓が顔を出し利恵を体育館に呼び出すと、利恵のお陰で
自分弱さに向き合えたことを感謝し、利恵のベスト4を祝います。利恵は東大に合格するよう激励し、ふたりは次の五輪でペアを組むことを誓うのでした。

1月の共通テスト1次まであと137日、桜木は東大専科の教室に集まった生徒たちに檄を飛ばします。
小橋と岩井が教室を覗いているのに気づき、桜木は教室を出ました。

小橋と岩井は早慶は無理と桜木に言われ諦めていましたが、桜木は「東大はやり方次第」と小橋と岩井を東大専科に迎えます。

そんな中、水野が坂本に電話し依頼していた匿名
メールの件を尋ねましたが、海外のサーバーを経由していて突き止められなかったと電話を切りました。そんな坂本は、弁護士・岸本香(早霧せいな)と米山圭太(佐野勇斗)と3人で車で乗りつけると、龍海学園に降り立つのでした。

 

以上、ドラマ「ドラゴン桜2」8話あらすじ・ネタバレの紹介でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。