カテゴリー
ドラゴン桜2 3話  少年漫画

ドラゴン桜2 第3話 本質を見据えた勉強とは?・・・あらすじ・ネタバレ

ドラマ「ドラゴン桜2」3話あらすじ・ネタバレの紹介をさせていただきます!

[あらすじ]

東大合格者を見送るシンボルとして、桜木(阿部寛)が校庭に桜の木を植えた。

龍海学園の龍をとって「ドラゴン桜」だ。

そんな中、東大専科には天野(加藤清史郎)、菜緒(南沙良)
楓(平手友梨奈)に続いて、偏差値が学年最下位の瀬戸(髙橋海人)も加わった。

水野(長澤まさみ)は早速ミニテストを行うが、中学レベルの問題にも苦戦する専科メンバーに、桜木は
SNSを活用した勉強法を打ち出す。

一方、理事長の久美子(江口のりこ)は専科に生徒が集まり始めたことに焦っていた。

もしも東大合格者が5人出たら辞任しなければならない。

早めに
専科をつぶそうと、対抗する難関大コースを新設し、理系トップの秀才・藤井(鈴鹿央士)を引き入れる。

東大専科を見下す藤井に、桜木は「お前に東大は無理だ」と断言。

反発した
藤井は東大の過去問を使った「東大専科」対「難関大コース」での勝負をもちかけ、負けた方のクラスは即廃止!存続を賭けた勝負は3週間後。果たしてその行方は…?

[ネタバレ]

千葉県の『龍海学園高等学校』、弁護士・桜木建二(阿部寛)は校庭に1本の桜の樹を植えました。

龍海の龍の字を取って『ドラゴン桜』、これから続々と排出される東大合格者を、この桜が見送ります。
桜木は今や全国に名を馳せる進学校となった『龍山高校』にも桜を植え、弁護士・水野直美(長澤まさみ)は懐かしそうに桜を見ていました。

集まって来た天野晃一郎(加藤清史郎)と
早瀬菜緒(南沙良)に岩崎楓(平手友梨奈)、そして瀬戸輝(King & Prince:髙橋海人)、この4人が東大に合格する頃、桜は満開になります。

始業のチャイムが鳴り、水野に促される
4人と、桜の植樹を手伝いに来ていた小橋(西山潤)と岩井(西垣匠)が教室に向かいました。

残った桜木は桜の樹の下にしゃがみ込む原健太(細田佳央太)に気がつき、健太の手にある
虫を見て、「アオオサムシか」と声を掛けました。

頷く健太は立ち去ろうとする桜木に10時頃に大雨が降ると忠告し、桜木が空を見上げても雨雲はなく青天でした。健太を迎えに来た文系
トップ・小杉麻里(志田彩良)に桜木が声を掛けると、麻里は東大には興味がないと言い残し、健太を連れて教室に向かうのでした。

東大専科に4人も生徒が集まり憤る理事長・龍野久美子(江口のりこ)は、
校長・奥田義明(山崎銀之丞)を理事長室に呼び出しました。東大専科を自らの手で握り潰すと豪語する久美子は、『難関大コース設立企画書』を机に叩きつけるのでした。

その1:親には言わないこと
その2:水野や桜木に言われたことは納得できなくても、まずやってみること

生徒たちの前で遂に教壇に立った桜木は、この2点のルールを伝えました。

桜木は東大専科の4人の生徒たちに基礎からのやり直しを指示し、全教科の学研プラス『わかるをつくる 中学 パーフェクト
コース問題集』を配布、3週間で最低5回は解くことを命じました。

更に、SNSを使い日常を英語で配信することを指示、晃一郎と輝は『ユーチューブ(YouTube)』で1日1動画、楓と菜緒は
『ツイッター(Twitter)』で1日20ツイートのノルマを課します。

4人の生徒の現在の実力をはかるため中学のミニテストを実施、水野が問題用紙を配る中、突如、雷鳴が轟くと激しく雨が降り出しました。
この日の天気予報は晴れ、腕時計を見る桜木は健太の予報通りに10時に雨が降り驚愕します。

放課後、雨は上がり、第1回ミニテストの結果が出ました。

500満点中、晃一郎は250点、菜緒は225点、楓は
300点、輝は120点、輝は全教科が赤点でした。

東大専科の目標は東大に5人合格、あと2人は生徒が欲しいと思う水野、桜木には候補者に心当たりがありました。理系トップ・藤井遼には
東大は無理!東大専科の廃止を賭け遼と勝負東大専科の教室で晃一郎と輝が机に向かい問題集を解いていると、理系トップ・藤井遼(鈴鹿央士)が現れました。

東大専科の生徒を小バカにする
遼に憤る輝が遼と掴み合いになり、教室に戻って来た水野が2人を止めに入ります。

テントから顔を出す桜木は、偏差値68、東大理科I類志望の遼に東大は無理と断言、反発する遼の挑発に乗る桜木は
東大専科の4人と遼の勝負を受けます。東大専科の4人と遼の勝負を聞きつけた久美子は桜木と水野を理事長室に呼び出すと、勝負に立ち会うと言い出し、挙げ句、勝負に東大専科の廃止を賭けさせ
桜木は受けて立ちます。

東大専科が負けた場合、東大専科の4人は久美子が新設した難関大コースで引き受け、現在、難関大コースには既に遼が入っていました。勝負は3週間後、遼の点数と東大専科の
生徒たちの平均点、どちらか高い方が勝利。試験問題は東大の過去問から出題し、桜木と水野に久美子、そして難関大コースの担任の4人が協議して決めることになりました。

問題集を解き理解できない
ところは生徒が互いに教え合う中学の問題集を解き、解説を見ても解らなければ、理解している生徒が理解できない生徒に教えます。

各教科の点数が高い生徒が教え、晃一郎は数学、菜緒は国語、楓は
英語をそれぞれ担当します。生徒が互いに教え合う利点、それは自分より少し出来る人が相手だと脳が自分にも出来ると判断、更に教える側も知識が整理され曖昧さがなくなり理解度が高まります。
朝、学校に来る前と放課後に水野が出題し、それを解きます。

帰宅した晃一郎は早速動画を撮影、そんな中、「三日坊主とは何か、ひと言で説明せよ」水野から『LINE』のグループ「東大専科」に
お題が送られてきました。生徒たちが自宅で考えていると、「日本で流通するかぼちゃは、どの産地のものが多いか?」水野から再びお題が送られてきます。

英語のツイートに中学の問題集、やることが
多く、お題をクイズと思う菜緒はイラついていました。

翌日、「『朝焼けは雨、夕焼けは晴れ』なのはなぜか。」水野からお題が送られ、登校してきた菜緒がスマホを見ながら校舎内の廊下を
歩いていると、遼とぶつかります。

遼の落とした付箋びっしりの英単語ノートを見て、菜緒は驚きました。教壇に立つ水野がかぼちゃの話を始め、遼の英単語ノートを見て焦る菜緒は1つでも英単語を
覚えた方が良いと反発します。

そんな、菜緒にテントから顔を出した桜木は英単語の覚え方を尋ね、何回も口にし書くと菜緒が答えると、桜木は受験に失敗する典型と一蹴します。頭の良い人は記憶力が
良く勝てる訳がないと反発する菜緒に、桜木は東大生の8割は菜緒と同程度の記憶力だと教えました。

「どうして」菜緒が呟くと、水野は「unite(団結する)」を例に暗記のコツを教えます。

なぜuniteが団結を意味するのか水野に問われた菜緒は元々決まっていたと答え、桜木は菜緒のその考え方が駄目だと指摘します。

本質を考える力、桜木は東大専科の4人に東大が求める能力を教えます。
uniteの語源は1つを意味する「uni」、uniteには団結する以外にも意味があり、何れの意味も1つという言葉に由来すると考えると覚えやすくなると水野は教えました。

桜木は、更にuniがつく言葉を
4人に尋ね、何れの英単語も1つという言葉に由来し、晃一郎は覚えやすいと思うのでした。

桜木は最後に日常、目にするものの「なぜ」を考えその本質を見ようとする東大生の思考法を真似、本質を
あらゆる角度からとらえるようアドバイスしました。

そして、水野のお題がクイズではなく、東大の過去問であることを明かすのでした。

難関大コースを新設した久美子でしたが、生徒は集まらず遼1人だけでした。

難関大コースの担任・大山将大(内村遥)の出身大学は三流私立大学、難関大コースの生徒を募集した際、大山の出身大学を生徒たちの前で遼がバカにし、しかも難関大コースに籍は置いても授業には
出席しないと言い放ったのです。

一方、暗記のコツを教わった東大専科の4人はそれぞれ実践、輝は自ら単語帳を作っていました。その夜、桜木がラーメン屋『らーめん瀬戸屋』で食事をしていると
瀬戸屋の電話が鳴り、電話に出た輝の姉・玲(大幡しえり)は電話の相手に待って欲しいと謝罪、桜木は玲の様子に違和感を覚えジッと見ていました。

勝負前日、ミニテストの結果が返され、500満点中
晃一郎は400点、菜緒は380点、楓は420点、輝は270点、4人とも短期間に飛躍的に伸びていましたが、勝負となると厳しく、出題される問題次第でした。

放課後、出題する問題を理事長室で協議
過去20年分の東大の過去問から各教科ごとに候補が絞られていました。

なぜか桜木は、出題問題の選択を久美子に一任します。ドラゴン桜の下で単語帳の英単語を暗記する輝に、足を引っ張ていると
挑発する遼は、輝に身を引くことを勧めます。

勝負当日、輝の姿はなく、久美子から生徒たちに欠席が伝えられます。テスト開始まであと5分、楓はスマホから輝に電話しましたが、輝は出ませんでした。

テストの時間になり、動揺する楓と菜緒、そして晃一郎の3人に、桜木は集中するよう叱咤します。

一方、瀬戸屋では石が投げ込まれ、入り口のガラスが店内に散乱していました。

試験は20点満点で制限時間は20分、輝を除く東大専科 対 遼の勝負が始まるのでした。

テストが終わり採点が進む中、テストが実施された教室に生徒たちが集まり、奥田も駆けつけます。

採点が終わりテストの結果を大山が発表、晃一郎14点、菜緒13点、楓15点、そして遼は11点、東大専科が勝利しました。

出題された問題は英語と地理、1問目の英語、遼の解答は論理性に欠け、難しい
単語や言い回しを使いすぎスペルミスも多い、一方、東大専科の解答はシンプルで解りやすく、簡単な英語でスペルミスもありません。

複雑に難しく答えるよりもシンプルに答える方が難しく、これは
社会に出てからも求められるスキルでした。東大専科で毎日議論したり、互いに勉強を教え合ったりしていたのは、このスキルを養うためで、ユーチューブやツイッターもこのスキルのためだったのです。

2問目の地理は人の気持ちを想像できるか否かが問われていました。

遼の解答には市民側の視点がなく、行政側の視点からしか答えていなかったのです。

採点ミスを疑った挙げ句、東大専科に有利な問題を
選んだという遼に、桜木は久美子が問題を選んだと反論します。

桜木に誘導されたと反発する久美子の言葉を桜木は意に介さず、遼の敗因はその性格の悪さにあると指摘します。

他人を見下し、独りで
勉強してきた遼でしたが、遼のミスは誰かの助言さえあれば避けられたものばかりでした。

東大では多角的な視点を問う問題が度々出題され、それはあらゆる立場にいる人間の気持ちが想像できる人材を
求める東大からのメッセージだったのです。

桜木が遼に東大が無理だといったのは、このような理由からでした。遼を罵る野次馬の生徒たちをバカと一蹴する桜木は、この国の唯一の平等は勉強と説き
「バカとブスこそ東大に行け」と一喝します。

久美子は集まっていた生徒を解散させ、桜木は根性を叩き直してやると遼を東大専科に誘ったものの、遼は誘いを断りました。

東大専科の廃止は免れたものの
東大専科は未だ4人、5人を合格させる必要があり、水野は桜木が以前言っていた候補者について尋ねます。桜木は「そのうち来る」とだけ言いました。

健太が校舎のエントランスの床にうつぶせになり
歩くオオクワガタを観察していると、麻里が迎えに来て一緒に帰ります。

桜木と水野が教室に戻ると、瀬戸屋に行くという水野が桜木を誘ったものの、桜木は暫く瀬戸屋に行くことを禁じます。
瀬戸屋では輝が割れた入口のガラスに紙を貼り補修、そんな中、店の電話が鳴り響き、玲は電話に出ようとしませんでした。

 

以上、ドラマ「ドラゴン桜2」3話あらすじ・ネタバレの紹介でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。